2023/12/31

またまたCS映画の日々

 今年1年もCSの映画チャンネルで、劇場公開時に見落とした映画やら、昔からタイトルは知っているのに見たことのなかった映画、地元の映画館ではかからない映画など、170作見た。昨年より本数が減っているのは、町内会長の仕事のためか。

 西部劇をずっと見続けているけれど、一向にこれは見たという状態にならないくらいに初めて見る作品が放映されている。その中では「戦う幌馬車」が「サボテン・ジャック」のカーク・ダグラスの元ネタだというのが分かって長年の疑問が解消された。マカロニウエスタンでは「群盗荒野を裂く」が二転三転するストーリー展開で傑作であった。昨年クリント・イーストウッド出演のものはだいぶ見てしまい、ジュリアーノ・ジェンマ出演ものを何作か見た。その中では「荒野の大活劇」が、銀行家のじゃじゃ馬娘と悪人になり切れない兄弟のコメディで面白かった。コメディ西部劇ということではディーン・マーチンとアラン・ドロンの「テキサス」も楽しい。

 アラン・ドロンの作品もいくつか見た。以前見たのだが、ほとんど初めて見るのと同じだった「レッドサン」と「太陽がいっぱい」。後者はやはり傑作である。

 今頃になって初めて見たというのが「合衆国最後の日」「恐怖の報酬」(1977年ウィリアム・フリードキン監督版)。どちらももっと早く見ておくべきだった。後者はオリジナルのクルーゾー監督作と勝るとも劣らない作品になっている。「用心棒」のギャング版「ラストマン・スタンディング」やオックスフォード辞典編纂の裏話「博士と狂人」、中国映画の「山の郵便配達」(犬がいい)、伊丹十三の「マルサの女」も同様である。

 劇場公開時に見に行こうかと思ったが結局見に行かなかったので、やっぱり見に行っておくべきだったと思ったのが「ケイコ目を澄ませて」「オートクチュール」「MINAMATAーミナマタ」「ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男」。「ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男」で問題になっている汚染物質の仲間は規制されないまま、浜松や清水でも問題になっている。

 監督特集として放映されたものでは、トリュフォー監督の「ピアニストを撃て」「日曜日が待ち遠しい!」がやはり面白い。ジャック・リベットやシャンタル・アケルマンというよく知らなかった監督作品も見た。中国のジャ・ジャンク―監督も知らなかった監督だが、田舎から都会に、あるいは、開発が進みつつある地域への出稼ぎの実態を知ることができ、「雄獅少年/ライオン少年」を理解するのに役立った。ヴェンダース作品もだいぶ見たが「アメリカ家族のいる風景」が一番面白かった。

 インド映画も見たが、戦いと争いのアクション作品よりも、貧しい高校生たちをインドの東大と言われる大学に合格させる「スーパー30 アーナンド先生の教室」がいい。自転車がしゃべり「荒武者キートン」に言及する「あなたがいてこそ」もいい。総じてインド映画を見てしまうのは、ヒロインがやせすぎていなくて健康的な美女であるということも大きい。

 SFやサメ物、古典ホラーのリメイクなども見たが、その中では、イタリアのエロ・コメディSFの「セックス発電」のオチが面白かった。本当はこういうジャンルの作品の方が好きなのだが、なんだかいまいちな作品が多かった。

 年末になって、渥美清の寅さん以前の作品、「喜劇 急行列車」「喜劇 団体列車」「喜劇 初詣列車」「ブワナ・トシの歌」を見た。アフリカロケの「ブワナ・トシの歌」がやはりいい。この映画に写っているアフリカの光景もどれだけ残っているのだろうかと思う。列車シリーズは、佐久間良子の美しさに目が行くが、「団体列車」「初詣列車」に「キャプテン・ウルトラ」のアカネ隊員を演じた城野ゆきが出ているのが嬉しかった。アンヌ隊員よりアカネ隊員の方が好きだったのですよ。人情喜劇というよりサイケの時代を反映したスラプスティック喜劇の「初詣列車」が一番好みだ。今年亡くなった財津一郎もいい味出している(「ブワナ・トシの歌」のギャグもある)。
 

| | コメント (0)

2023年に見た映画

 今年も48本ほど映画館で見た。邦画のアニメ作品のレベルが高く、数も多くて追いきれず、良い評判を目にして見に行きたいと思ったが、結局見に行けなかったものもかなりある。所謂ミニシアター系の映画もかなりの数、地元の映画館で上映されたが、自分の見たい作品が同じ週に複数上映され、上映時間も重なっているということで、見れなかった作品の方が多くなってしまったという印象が残る。ぜんぜん自分の興味を掻き立てない作品しかやっていない期間もあって、分散してくれれば良いのにと思う。午前十時の映画祭は「無法松の一生」「ミツバチのささやき」「暗殺のオペラ」「カサンドラ・クロス」などを見れたが、これらの作品を越えると思った作品は少ない(特に洋画)。これらのリバイバル映画を除く形で、例年のごとく、ベスト10を選んでみる。昨年とは違って、自分が気に入った順である。

 1 アステロイド・シティ
 2 BLUE GIANT
 3 窓ぎわのトットちゃん
 4 THE FIRST SLAM DUNK
 5 スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース
 6 ミュータント・タートルズ ミュータント・パニック
 7 雄獅少年/ライオン少年
 8 ストールン・プリンセス キーウの王女とルスラン
 9 マエストロ:その音楽と愛
  10   ゴジラ-1.0 

    次点 君たちはどう生きるか

 1はロードランナー(姿形は実在のものだが、鳴き声はルーニーチューンと同じBeep Beep!))が出てきて踊るのがダメ押し。2は映画館がジャズ・ライブの会場と化した熱気がいい。3は作品の出来としては今年見た新作映画の中では一番。ベスト1にしなかったのは、自分の幼い頃の忘れていた記憶に障る部分があったため。8はクラウドファンディングに参加した作品で、東京まで見に行くことを覚悟していたら、地元の映画館で上映された。ウクライナのアニメのレベルの高さを知ることができた。東京とか新千歳とか新潟でのアニメ映画祭で、海外の長編アニメがいくつも上映されているが、この作品のようにそれらが地方の映画館で見れるようになれたらと思う。9は、あんまり情報を入れずに見に行って、なんかレナード・バーンスタインに似た俳優が出てきたなあ、と思ったら、バーンスタインその人についての映画であった。主人公として描かれているのは、実際にはバーンスタインの妻である。

 「君たちはどう生きるか」は2度見に行ったのだが、2度見に行った映画でベスト10に入れなかったのはこの作品だけ。これを10本の中に入れなかったのは、背景とキャラクターの描き方の美術的技法の不一致感を、10本の中に入れた作品より強く感じたため。高畑勲が「ホーホケキョ となりの山田くん」「かぐや姫の物語」で、アニメ制作のデジタル化により、いつまでもセルアニメ技法をそのまま使う必要はない、いわゆるアートアニメのような美術的に統一された描画の長編アニメが作れるということを示したのにもかかわらず、リアルすぎる背景の上の平面的に塗り分けられたキャラクターという従来の形そのままなのが気になったのである。2~6のアニメは高畑勲の試みを受けて作られている気がする。

| | コメント (0)

2023/05/14

ティファニーで昼食を

 去る金曜日、家族で伊豆高原方面に出かけた。娘がテディベア・ミュージアムとニューヨーク・ランプ・ミュージアム&フラワーガーデンに行きたいと言ったのが発端。妻が城ケ崎海岸の有名な門脇吊り橋&灯台に行ったことがない、ということだったので、じゃそのあたりを周ろうということになった。娘が小さい頃にかなり頻繁にこの方面に遊びに行っていたが、伊豆急の線路を越えた側には行ったことがなかったのだった。
 それで、ドライブのルートであるが、伊豆高原駅への最短ルートということで、本当に久しぶりに冷川から中伊豆バイパスを通るのではなく、遠笠山道路に出る狭い県道を通った。この道を始めて通った40年近く前に比べれば道幅は広く走り易くなっているが、何か所か対向車との行き違いに気を使うところは残っている。前回ここを走ったのは確か、シトロエンC4に乗り始めたばかりの頃だったと思う。大室山のふもとの蝋人形美術館の交差点にこんなにすぐについてしまうのか、と思った。天気が良くドライブ日和である。

Dsc_0361 Dsc_0391-2
 最初の目的地テディベア・ミュージアムでは、スタジオ・ジブリ協力の「となりのトトロ」の特別展もやっていて、実物大のネコバスの中に乗ることができたり、設定資料の基づいて人形を作ってます的展示があって設定資料(の拡大コピー)も見ることができた。本体のテディベアの方は、その起源であるセオドア・ルーズベルトについての説明部分の展示が一番興味深かった。ついこの間、テディ・ルーズベルトが大事な役回りで登場するジョン・ミリアスの「風とライオン」を見たばかりであったので余計に気になったのである。同じクマつながりで、プーさんや3匹のクマに関するものを多数あり、ちびくろサンボと一緒に描かれた絵もあって、この絵が見れたことが今回の最大の収穫。併設のカフェでちょっと遅めのティータイムをとり、やはり併設のクッキー屋さんで土産のクッキーを購入。

Dsc_0372-2 Dsc_0383
Dsc_0382Dsc_0385

 続いて、門脇灯台&吊り橋に向かう。一番近い駐車場に行こうとするが、テディベア・ミュージアムからこの方面に向かう道は初めてで、所々で間違う(ナビは付けていない)。吊り橋遊歩道駐車場→という看板があってこれかと思って進んでいったら、そこは、吊り橋の後に行くつもりだったニューヨーク・ランプ・ミュージアム&フラワーガーデンの大駐車場で、昔、遠足でよく来た海洋公園の駐車場であった。海洋公園がリニューアルしてニューヨーク・ランプ・ミュージアム&フラワーガーデンとなっていたのであった。それで、とって返して、元の道の戻り、門脇吊り橋最寄り駐車場へ。ここもはるか昔に来た時とは違って整備された市営駐車場になっていた(駐車料金500円)。

Dsc_0505

 再びニューヨーク・ランプ・ミュージアム&フラワーガーデンに戻り、駐車場から遊歩道に少し入った所にある東屋で、おにぎり昼食。本日の目的は、2つのミュージアムに併設されたカフェでお茶することなので、昼食は質素に済ますのである。で、ニューヨーク・ランプ・ミュージアム&フラワーガーデン入園である。フラワーガーデンの様子は海洋公園の庭園だった時から変わっていなかった。最近はやりのアンブレラ・スカイなる部分もある。海岸の方に目をやると蓮着寺前の海岸のあたりに海に突き出た岩と岩を結んで鯉のぼりが泳いでいる。ランプ・ミュージアムではアンティークティファニー作品が展示されている。この別館が海を見渡せる(伊豆大島が良く見えた)テラスのあるカフェになっている。個人的には南フランスあたりのリゾート地に来た気分でちょっと早い午後のティータイム。結局、ティファニーでデザートを、である。

Dsc_0552 Dsc_0617
Dsc_0389Dsc_0597Dsc_0568

 本日最後は、このところこの方面に来た時には必ず寄っている「まぼろし博覧会」。昨年、いろいろなTV番組で取り上げられて入場者が増えたせいか、展示ルートが整備され、近隣の飲食店の案内チラシが、昭和の混沌の中にあったりする。全共闘の夢の後、みたいな感じの、この猥雑なカオス! 昨年来た時にはできていなかった広島のストリップ劇場の再現展示が完成(?)している。小学校低学年の時買ってもらって遊んだ記憶のあるディズニーの家庭盤(ボードゲーム)が無造作にあったり、ポパイとオリーブの年代物の人形があったり、日本だけでなく海外アニメのキャラクター商品もあるのがいい。

Dsc_0702 Dsc_0707


| | コメント (0)

2023/01/01

謹賀新年

今年もよろしくお願いします。

Dsc_9245s

| | コメント (0)

2022/11/11

チャーリー・バワーズを見たのです

 静岡サールナートホールで上映中の『NOBODY KNOWS チャーリー・バワーズ 発明中毒篇』を今日行かなければ見ることができないぞ、ということで、6日の日曜日に見てきた。バワーズについての1番の基本文献となるパンフレットも入手した。「マットとジェフ」を作っていたパワーズのところにいて、その後30年代のディズニー・プロで活躍するテッド・シアースがコメディ作品にもかかわっていたということもちゃんと書いてある。上映作品については、今回の公開用につくられた伴奏音楽が素晴らしい。やっぱり、ドルーピーの元ネタになったんではと思われる神出鬼没の怪人を捕まえようとする「怪人現る」が好きだなあ。オチもぶっ飛んでるし、実写とアニメ―ジョンとの融合も一番である。今回の上映には入っていない IT'S A BIRD(1930)は、バワーズ・コメディの集大成であったなあと思う。「たまご」「自動車」「ほら話」「変な生き物(人間も含む)」の4要素がすべてある。

 

 積読だったジョー・アダムソンJoe Adamsonの'THE WALTER LANTZ STORY'(1985)を読んでいる。チャーリー・バワーズが1930年代半ばに「うさぎのオズワルド」を作っていたランツ・プロの親会社ユニバーサルに雇われたことについて書かれている部分まで読み進んだ。ユニバーサルは、ランツが契約通りのペースで作品を作り続けれるか不安に思い、ランツに知らせずに、年26本のペースで安く作れるとアピールしたバワーズと契約した。バワーズはカリフォルニアのランツの元にはいかず、ニューヨークの自分のスタジオで作品を製作し、それは、Dumb Cluckという新キャラクターを登場させたバワーズらしい奇怪な作品だったとのこと。「マウス・アンド・マジック」のリストを見ると、1937年に'Dumb Cluck'というタイトルのオズワルド・シリーズの作品があった(このころのランツ作品には製作スタッフ名がクレジットされていないので、実際の演出家などの情報はない)。ということは、アヴェリーとの直接の接点はなかったと考えるのが妥当であろう。ちなみに、Bendazziの'ANIMATION A WORLD HOISTRY'にもこの経緯は書かれている(作品名は挙げられていないが)。

 

| | コメント (0)

2022/07/30

あれからとりあえず何もない

 6/10にC4ピカソの警告音のことを書いて以来、今日までその音を聞くことはなくなった(ライトをハイビームにしたときを除く)。この4月から長くなった通勤にも慣れてきた。次のオイル交換まで、何もないことを祈る。

 以下、時間的にはちょっと遅くなってしまった話題などを少々。

 7月9日から浜松市美術館で「ハイジ展」が始まった。9日に小田部羊一さんの講演会があるので行くならその日に行きたいと思っていたが、都合によりその日に行けなくなりどうしようと思っていたところ、さる方より一緒に行かないかというお誘いがあり行ってきた。美術館の1階にハイジの原作に関わる展示、2階にアニメの「アルプスの少女ハイジ」に関する展示がされていた。
 1階で目についたのは、まず、ハンナ・バーベラの1982年の長編アニメ「ハイジの歌」Heidi's Song のポスター。この作品は実は見たことがない。1973年の長編「シャーロットのおくりもの」は日本でも公開されビデオ等も出ているのに、この作品はそうならなかったのはなぜだろう。やっぱり、「アルプスの少女ハイジ」があったせいだろうなあ。次に目についたのは、原作が日本で翻訳出版されたときの様々な画家による挿絵。その中では、少女漫画のスタイルを確立したといっていい高橋真琴の原画が見れたのが一番。
 2階の方では、やっぱり宮崎駿の手になるレイアウトがすごい。コンテは富野由悠季が手がけたものもあり、絵が描ける演出家であることがわかる。面白かったのは主題歌に関する展示で、特に、大杉久美子の事務所の手になる売り込み文書(手書き!)。また、別の日に見た友人から、スペイン語のコミック版がテレビシリーズの最終回を越えて描かれていて、おんじの船が嵐で沈むわ、ハイジとペーターが洞窟探検するわ、もう原作無視の波乱万丈の展開、ということを知らされて、自分は見落としてしまっていたことに気づき、うわ見ておきたかった、となってしまった。

 映画は「ハッチング‐孵化-」以降、「イースター・パレード」「シン・ウルトラマン」「ワン・セカンド 永遠の24フレーム」「犬王」「FLEEフリー」「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」「PLAN75」「トップガン マーヴェリック」「ミニオンズ フィーバー」「暴太郎戦隊ドンブラザーズTHE MOVIE新?初恋ヒーロー/劇場版仮面ライダーリバイス バトルファミリア」「ブレードランナー ファイナルカット版」と見た。この中では「犬王」「FLEEフリー」を2回見た。どちらも途中で居眠りしたということもあってなのだが、居眠りしていないシーンでも、もう一度見て確認したいという魅力のある作品だったからである。「PLAN75」は地元出身の磯村勇斗が出ているから見に行き、「劇場版仮面ライダー」はお世話になった方の息子さんがプロヂューサーだからというのもあるが、「ドンブラザース」の鬼頭はるかを劇場の大スクリーンで見て見たかったという単純な理由から(自分にとって今一番面白いテレビ番組は「ドンブラザース」である)。

| | コメント (0)

2021/12/31

2021年地元の映画館で見た映画ベスト10

「ウォーデン 消えた死刑囚」ニマ・ジャウィディ監督
「テスラ エジソンが恐れた天才」マイケル・アルメレイダ監督
「アンモナイトの目覚め」フランシス・リー監督
「トゥルーノース」清水ハン栄治監督
「JUNK HEAD」堀貴秀監督
「白蛇:縁起」黄家康&趙霽監督
「映画大好きポンポさん」平尾隆之監督
「スペース・プレイヤーズ」マルコム・D・リー監督
「アイダよ、何処へ」ヤスミラ・ジュバニッチ監督
「皮膚を売った男」カウテール・ベン・ハニア監督
(ほぼ見た順)
 次点:「由宇子の天秤」春本雄二郎監督

 

 49本見た中からの10+1本。今年から我が家に一番近い映画館で「午前十時の映画祭」が上映されるようになって、7本見たが、それは除外して選んである。「真昼の決闘」「赤ひげ」「モスラ」の3本が、そうしないと入ってくる。その代わりにどの3本が落ちることになるのかは難しい。評価順ではないのだが、下の方の3本と入れ替わりそう。

| | コメント (0)

2021/10/20

水の中で水を感じる雨の箱根

 先日の17日の日曜日、天気は悪かったが家族で箱根に出かける。まず、箱根神社に行く。今回初めて宝物館に入る。曽我兄弟の仇討に関する展示がメインであった。その後、仙石原に行き、星の王子様ミュージアムのレストランで昼食。雨がひどいため、ミュージアムには入場せず、ポーラ美術館に行く。まず、ロ二・ホーン展
を見る。たまにはこういうものを見るのも面白い。容器の中に入った水のように見えるガラスをどうやって作ったのかと思いを巡らすと、ガラスという物質の性質を知らないとできないことだと思い、きわめて科学技術的な作品だと思う。モネ、その他の作品も見るが、やはり、ロ二・ホーンのインパクトが強い。帰りは、雨で眺望は期待できないが、時間短縮になるので、芦ノ湖スカイラインをドライブ。雨だから飛ばせるわけではないが、コーナリング時のピカソの安定感を再確認。

| | コメント (0)

2021/09/18

「スペース・プレイヤーズ」は「スペース・ジャム」よりできが良い

 地元に緊急事態宣言が出ているので映画館に行くのも自粛してきたが、「スペース・プレイヤーズ」の字幕版が上映されているというので、上映終了になってしまわぬうちにシネプラザ・サントムーンで見てきた。「スペース・ジャム」から20年以上たった続編というか、リメイクというか、バスケットボールの名選手たちとワーナー漫画のキャラクターたちが共演する作品である。「スペース・ジャム」ではあまり活躍したとは言えなかったコヨーテやスピーディ・ゴンザレスが活躍する部分があったのが良かった。ルーニーチューンのキャラクター以外に、現在ワーナーが権利を持つ、ハンナ・バーベラ作品やDCコミックスなどのキャラクターも顔を見せ、オールドファンには懐かしいキャラクターの登場もあって楽しい作品だ。昔「スペース・ジャム」を見たときに感じた問題点が、ワーナー映画のデーターセンターの電脳世界という設定にしたことで、ほぼすべて解消されているのが、特に好ましい。

 吹き替え版もチェックしておこうと、ジョイランドみしまで見た。字幕版で見落としていた多くのキャラクターを確認。宇宙怪人ゴーストが空中に浮いているのには、字幕版では全く気付けなかった。字幕の字を追いながらの画面の色々なところにちょこっと登場するキャラクターを見つけるのは、やはり、難しかったのである。グラニーの大ベテラン声優、京田尚子の声を聴いて、いつまでも元気でいて声を聴かせてほしいと思う。キングコングとリキラ、アイアンジャイアントとフランケンロボが一瞬でもいいから隣り合っているカットがあって欲しかったと思うのは私だけだろうか。TVドラマ版のバットマンとロビンが出てきて、ニール・ヘフティのテーマ曲も使われたのが私には一番嬉しかった。

 

 緊急事態宣言が出される前の7,8月前半にはかなり映画館に行き、「映画大好きポンポさん」「ブラック・ウィドウ」「竜とそばかすの姫」「100日間生きたワニ」「2001年宇宙の旅」「ゴジラVSコング」「白蛇:縁起」「サイダーのように言葉が湧き上がる」を見た。この中では「白蛇:縁起」が一番気に入った。この映画のスタッフで「三体」を映画化してほしいと思う。僅差で「映画大好きポンポさん」が続く。ポンポさんがロジャー・コーマンのようなプロデューサーだというのが特に気に入った。多少予測はしていたものの、結果、やっぱりちょっとがっかりだったのは「竜とそばかすの姫」および「ゴジラVSコング」。「サイダーのように言葉が湧き上がる」は予告編で、わたせせいぞう的な背景の高彩度(高輝度と言った方が良いのか?)さに目が耐えられない、と思ったのだが、そうはいってもこのような様式化された背景が気になって、耐えられなければ寝ればいいと見に行った。見始めた最初は多少きついなと思ったが、目が慣れて、最後まで見ることができた。単純なボーイ・ミーツ・ガール映画だが、現在の地方都市の問題点がそれとはなく見えるのがなかなかうまい作りだ。

| | コメント (0)

2021/05/02

シン東宝

 日本映画専門チャンネルで新東宝の天地茂出演映画の特集(3本立て)をやっていたので見てみた。その中では、新東宝の最後の作品でスタッフ、出演者がノーギャラで撮ったという「恋愛ズバリ講座」(1961年)が一番面白かった。第1話「吝嗇」三輪彰監督、第2話「弱気」石川義寛監督、第3話「好色」石井輝男監督の3話からなるオムニバス作品。ドケチな男とガメツイ女が抑揚のない早口でやりあうのが面白い第1話、幼稚園の先生のあっと驚く大変身の第3話、それらに比べるとちょっとインパクトに欠ける田舎の村の原発誘致騒動の第2話なのだが、私にはこの第2話が実は気になった。それは、三島の農兵節(ノーエ節)が歌われ、架空の田舎の村の村人が話している方言が静岡県東部の方言だったからである。新東宝には三島出身のスタッフがいたのか? 一緒に放送された「憲兵と幽霊」(中川信夫監督1958年)でも冒頭の中山昭二と久保菜穂子の結婚式で農兵節が歌われていたし。

 それで、調べてみたら、新東宝の設立に関わり、取締役を勤めたこともある渡辺邦男監督が三島出身だったのである。第1話の天地茂演じるケチな社長は新東宝社長の大蔵貢を思わせるので、第2話の田舎の村長は渡辺邦男なるんだろうか。新東宝関係者にはよくわかる裏の意味がある話になっているのかな。池内淳子演じる村長の娘が新東宝を表していて、東京から村長の娘と結婚したくてやってくる眼鏡の気弱な男(演じるはなんと菅原文太!)が、やっぱり、大蔵貢なのか?

 最後の第3話は、誰かへの当てこすりというより、開き直ったスタッフによる、さらばすべての新東宝映画、という感じの三原葉子の怪演だな。

 音楽が渡辺宙明(3本目の「怒号する巨弾」も)だったのも収穫。「忍者部隊月光」以前の作品を初めて知った。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧