« 咲いたスイートピー | トップページ | 庭の侵入者 »

2015/05/28

イミテーション・セオリー

 イギリスの二人の天才科学者を主人公にした映画が地元の映画館で上映されていたので見てきた。より知られていない人を扱った作品の方が観客が入らなくて、すぐ打ち切られてしまうんではないかと、コンピュータの父、アラン・チューリングが主人公の「イミテーション・ゲーム」の方を先に見た。ところが、その後、こちらの方に人が多く入っているらしく、「博士と彼女のセオリー」の上映が日に1回になってしまって、慌てて見に行った。

 「イミテーション・ゲーム」では、ドイツ軍の暗号を解読するために作った機械がガチャガチャ動くシーンで「怪奇大作戦/恐怖の電話」の電話交換機のシーンを連想した。最後の権利回復についての字幕がない方が、色々考えさせる映画になったのに。

 「博士と彼女のセオリー」(原題は、万物理論)は、スティーブン・ホーキングよりもその妻のジェーン・ホーキングが主人公の映画だった。調べてみたら、ジェーン・ホーキングの夫との回想録が原作だった。よく、こんながちがちの理系の難病を抱えた人物と結婚生活を続けられたなあ、と思ったら…

 映画としてはチューリングを描いた「イミテーションゲーム」の方が出来がいいんだけれど、「博士と彼女のセオリー」はジェーンを演じたフェリシティ・ジョーンズがいいんだなあ。

 「博士と彼女のセオリー」で、ホーキングと「ペントハウス」の購読を賭けて勝ったキップ・ソーンが講演会にいるようだけど、ちょっと自信がなかった。エンドクレジットのキャストにキップ・ソーンの名があって、やっぱりそうだったかと思った。演じた役者名までは読み取れなかった。誰がやってたのか?調べてみたら、エンゾ・シレンティという役者さんだそうだ。

 「博士と彼女のセオリー」で、ホーキングが声を失いコンピュータ合成のロボットみたいな声を手に入れた後、「2001年宇宙の旅」のHALの真似をしているシーンがあって声を出して笑ってしまった。近くにいたおばさんたちには、自分が笑っている理由がわからなかったようだったけど。

|

« 咲いたスイートピー | トップページ | 庭の侵入者 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35745/61659946

この記事へのトラックバック一覧です: イミテーション・セオリー:

« 咲いたスイートピー | トップページ | 庭の侵入者 »