« 「サイクリック宇宙論」ポール・J・スタインハート、ニール・トゥロック(早川書房) | トップページ | C4、エンジンかからず、再び »

2013/09/29

音のテロリスト

 オラ・シモンソン&ヨハネス・シェルネ・ニルソン監督「サウンド・オブ・ノイズ」(2010年)をジョイランド沼津で見た。珍しいスウェーデン映画である。ベルイマン監督以外に何があるんだという国の映画が珍しく沼津で見れるので見てみようと出かけたわけで、何らかの前知識があって見なくちゃならないと思っていたわけではない。だから、見終わって、これは得した、という思いでこれを書いている。

 高名な音楽一家でただ一人の音楽の才能がまったくない、テロ対策の刑事が、6人の音楽家による音楽によるテロ事件を追う、というお話である。「アパートの一室、6人のドラマー」という短編映画を長編化したものである。登場する6人の音楽家は本当の音楽家のようで本名がそのまま役名になっている。

 音楽学校での前衛的パフォーマンスのために退学になったパーションとミアが、「ある街と6人のドラマーのための音楽」を演奏するために、もう4人のドラマーを集める。このシークエンスは「七人の侍」のよう。この「ある街と6人のドラマーのための音楽」の楽譜が画面に映るとこの楽譜の音符や五線が動き出す。チャック・ジョーンズの「ドレミなへべれけ」'Hight Note'1960年を思わせるアニメーション・シークエンスだ。これが得したと思った第1番目の理由。

 現場に残されたメトロノームから、主人公の刑事はパーションと早い時点でそれとは気づかずに接触する。刑事の弟は故郷に凱旋帰国して演奏会を開く有名な指揮者で、この演奏会が音楽テロの対象となる。この設定による伏線がなかなか良い。弟の演奏会が、この映画のストーリーの転回点となり、映画は思わぬ方向のエンディングへと進んでいく。主人公が事件の捜査中にあることに気づき、犯人逮捕よりも犯人を使って「世界を変えよう」とするのである。これが得したと思った第2番目の理由。

 クレジット・タイトルの最後に「これはフィクションです。真似すると感電死。」と出てきたのが、シトロエンBXが画面に映ったのと合わせて、得したと思った、ダメ押し。

|

« 「サイクリック宇宙論」ポール・J・スタインハート、ニール・トゥロック(早川書房) | トップページ | C4、エンジンかからず、再び »

コメント

「サウンド・オブ・ノイズ」のアニメーション・シークエンスは、youtubeで見れます。Sound of Noise - the Score というタイトルで登録されています。

投稿: WILE.E | 2013/10/01 07:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35745/58288424

この記事へのトラックバック一覧です: 音のテロリスト:

« 「サイクリック宇宙論」ポール・J・スタインハート、ニール・トゥロック(早川書房) | トップページ | C4、エンジンかからず、再び »