« 新東名走る | トップページ | シトロエンC4車検(7年) »

2012/06/06

青い青い海(1935年黒白トーキー)-ボリス・バルネット傑作選3

 爆笑問題の田中とオードリーの春日みたいな凸凹コンビが、嵐で難破した船から漂流したどり着いた海辺の村(海はカスピ海、アゼルバイジャンの村)で、船員として働くことになる。その地の美しい娘と知り合い、好きになり、恋のライバルになり・・・という話。ハリウッドの凸凹コンビ・コメディ風表現も多く、楽しい。ミュージカル・コメディとされているが、歌は、二人と出会うシーンで娘が歌うくらいである。小柄な方のユセフがウクレレなのか小型のギターなのか持ち歩いていて、これを弾いて若大将のように歌うシーンでもあるのかと思ったが、結局ない。71分という中途半端な長さなので、もしかしたら、歌のシーンがいくつかカットされてしまっているバージョンではないか、とも思う。

 映画的演出として、おおっと、思ったのは、天候が悪化して海水が凸凹コンビがいる船室に入り込むシーン。何度目かの海水の流入とともに甲板にいた娘がずぶぬれで、いきなり立っている! このタイミングはアヴェリーのように素晴らしい。

 カスピ海の自然を撮ったシーンがところどころでかなりの長さで挿入されていて、黒白でありながら、タイトルどおり海の青さを感じさせる。北の人間の南の海への憧れを強く感じた。

|

« 新東名走る | トップページ | シトロエンC4車検(7年) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35745/54887431

この記事へのトラックバック一覧です: 青い青い海(1935年黒白トーキー)-ボリス・バルネット傑作選3:

« 新東名走る | トップページ | シトロエンC4車検(7年) »