« 真赤な太陽がいっぱい | トップページ | 静岡県東部地震 »

2011/03/14

福島の原発

 福島の原発の状態の報道を見ているととても心配だ。冷静に最悪のことを考えて対処するためにも、ぜひ、次のHPを参考にしてください。

 原子力資料情報室http://www.cnic.jp/

|

« 真赤な太陽がいっぱい | トップページ | 静岡県東部地震 »

コメント

速報的なものでは、早野先生のツイッターがお勧めです。
http://twilog.org/hayano

投稿: WILE.E | 2011/03/14 21:45

書き忘れ。

今日は、念のため、学校にある簡易放射線測定器で時々線量チェック。当たり前だけど、まったくの平常値。

投稿: WILE.E | 2011/03/14 21:56

本日相当量の放射線量が計測され、東京方面でも福島原発からの放射性物質による放射線が検出されたとの報道がありましたが、5時頃職場を出るときに屋外で線量をチェックしたところ、まったくの平常値。職場で大丈夫なんでしょうかと聞かれるが、今の状態で推移すれば、沼津までは影響が出ないことは断言できる。文科省が全国各地の放射線計測値を集めて公表することにしたのはいい措置だが、やや遅い。

投稿: WILE.E | 2011/03/15 20:30

 放射線の医学的見地からの解説は次のツイッターがお勧め。
 http://twitter.com/team_nakagawa

 今日も簡易放射線計測装置を手元に置いて時々数値をチェックしているが、屋外でも平常値を大きく上回らない。沼津は福島から十分な距離離れているいるということである。浜岡であったら、こうはいかないだろう。

 今日もまた、ニュースを見て不安というか疑問に思った同僚から質問を受けて解説した。東電や原子力安全保安員にはもっとうまく説明できる人はいないのだろうか? でも、最初の頃よりは情報が迅速に今後も危険性もきちんと言うようになってきてはいる。

投稿: WILE.E | 2011/03/16 21:00

 文科省のHPで全国の放射線量のデータが見られるようになった。県によって多少数値が大きいところがあるのもわかる。このようなデータで平常値を知っておくことは大切だ。

 警察の放水車、水が届かなかったという。水が届くかどうかは、それほど難しくない物理の計算で予想できる。現場には、そういう計算ができる人は一人もいなかったのか? 大切な水やエネルギーを使うこと、あるいは、大切な人たちを放射線の危険性にさらすことになってしまったのは残念だ。

投稿: WILE.E | 2011/03/17 20:53

昨日も簡易放射線計測装置の値は平常値の範囲内でした。

投稿: WILE.E | 2011/03/18 06:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35745/51114971

この記事へのトラックバック一覧です: 福島の原発:

« 真赤な太陽がいっぱい | トップページ | 静岡県東部地震 »