« 静岡県東部地震 | トップページ | 放射線は目に見えないけれど、放射線量は見ることができる。 »

2011/03/18

自立運転

 本日午後、輪番停電になって初めて我が家のある地域が停電になった。13時から16時だった。朝、昼過ぎから停電予定だったので、妻子に、そうなったら太陽光発電システムを自立運転に切り換えて、冷蔵庫などがうまく動いてくれるかどうかやってみて、と指示して出勤した。帰宅して聞いてみたら、冷蔵庫とテレビとゲーム機、冷蔵庫とパソコンでインターネットがきちんとできたそうだ。契約しているケーブルテレビ局も停電してしまったためテレビの電源は入っても、番組は見れなかったので、娘がゲームをやることにしたという。自立運転への切り換えは、説明書を見て、妻子でも簡単にできたわけである。

 被災地で停電しているところでも、太陽光発電の自立運転で、携帯電話の充電などで助け合っていると聞く。原発に頼れなくなった今こそ、太陽光発電などの分散型発電システムとそのネットワーク化を進めていく必要はあるだろう。

 私は脱原発への自分なりの第一歩として11年前に自宅を新築したときに太陽電池パネルをつけたのだが、原発の危機的状況が進行する中で、その恩恵を受けることになることなど、考えてもいなかった。

|

« 静岡県東部地震 | トップページ | 放射線は目に見えないけれど、放射線量は見ることができる。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35745/51153990

この記事へのトラックバック一覧です: 自立運転:

« 静岡県東部地震 | トップページ | 放射線は目に見えないけれど、放射線量は見ることができる。 »