« 月面卓球 | トップページ | メイスン&ディクスン読了 »

2010/07/08

9といえば裁縫部

「ナイン 9番目の奇妙な人形」がサントムーンで今週の金曜日まで上映されているのに気づき、無理やり時間を作って見に行ってきた。麻布でできた人造人間が1対づつ増えるにつれて、「サイボーグ009」じゃんて、思ってしまったのだが、パンフレットを買って見たら、映画ライターの渡辺麻紀が同じことを書いていた。この作品を見に行くような日本人は皆、そう思うよな、やっぱり。アクションシーンは、特に、7のポーズは、日本のアニメを見るようで、監督のシェーン・アッカーも日本のアニメから影響を受けていることを認めている。「虹の彼方に」の使い方は、実に印象的だ。クリストファー・プラマー、マーチン・ランドー、そして、ジェニファー・コネリーの声を久しぶりに聞けたのも良かった。

 縫い針がアップになったりするもんだから、永井豪の「裁縫部009」も思い出してしまった。

|

« 月面卓球 | トップページ | メイスン&ディクスン読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35745/48827973

この記事へのトラックバック一覧です: 9といえば裁縫部:

« 月面卓球 | トップページ | メイスン&ディクスン読了 »