« ローバー75の持ち主 | トップページ | 「世界は分けてもわからない」福岡伸一 講談社現代新書 »

2010/02/17

Dr.パルナサスの鏡

 久しぶりにギリアム作品を見た。ギリアムは「未来世紀ブラジル」で一躍気になる監督に1人となって、「バロン」「フィッシャー・キング」「12モンキーズ」と一時期その作品を追っかけて見ていたのだけれど、90年代後半からの作品は見逃していた。ギリアムらしい鏡の中の世界は、ティム・バートンの「チャーリーとチョコレート工場」あたりの方がより毒々しさを感じさせるわけで、ギリアムも丸くなったか、というか、ギリアムの影響を受けた後輩達が乗り越えて行っている、というべきだろう。急死したヒース・レジャーの代役を、ジョニー・デップ(「ギルバート・グレープ」や「シザーハンズ」が懐かしい)、ジュード・ロウ(「未来世紀ブラジル」と並んで好きなSF映画である「ガタカ」でその名を覚えた)、コリン・ファレル(「マイノリティ・レポート」に出ていたということだが記憶にない)の3人にやらせるというのは苦肉の作だったのだろうけれど、最初から意図していたようなできである。

 リリー・コールを起用して魅力的に撮っているのがやっぱり良い。他に気になったのは、どてらや着物をパルナサスやヴァレンティナが着ていて、ラストシーンで日本の女子高生ファッションの女の子達が写って、「雨」という名前のレストランが出てきたこと。

|

« ローバー75の持ち主 | トップページ | 「世界は分けてもわからない」福岡伸一 講談社現代新書 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35745/47595330

この記事へのトラックバック一覧です: Dr.パルナサスの鏡:

« ローバー75の持ち主 | トップページ | 「世界は分けてもわからない」福岡伸一 講談社現代新書 »