« C4戻る | トップページ | 洋書の秋 »

2009/09/05

別冊宝島「ファンタジー・アニメの世界」がすごい!

 コンビニに寄ったら、宝島社の「バッグス・バニーDVD-BOX」と「ファンタジー・アニメの世界」というタイトルのディズニーの「ピノキオ」「ピーターパン」「ふしぎの国のアリス」DVD3枚組付きの別冊宝島が出ていた。DVDに収録されているディズニー長編3作よりも、「別冊宝島」を名乗っているので冊子の部分(「みんな大好き!アメリカのクラシック・カートゥーン特集」と銘打たれている)があって、この記事の内容が、感心するほどマニアックなものがある反面、よく分かってない人間がネットで検索してコピペしてレポートを書くと起こりがちな、とんでもない勘違いをしてます記事とが同居しているのが面白くて、両方買ってしまった。カートゥーンについてのこれだけのトンデモ本は有馬哲夫の「ディズニーとライバルたち」以来だ。「トムとジェリー」がフライシャー兄弟の製作だと書いてあるかと思うと、最初はテックス・アヴェリーが製作を担当していて後にハンナ&バーベラに代わって大ヒットした、とも別の所(とはいっても直ぐそば)に書いてある。同じページの中に矛盾する記述があるのに、編集者の誰も気が付かなかったというのが、実に可笑しい。細かく読んでいけばもっと楽しいツッコミ所は見つかるだろう。

 「バッグス・バニーDVD-BOX」は、すでに「ルーニーチューンDVD-BOX」が出ているので、どちらかといえば、落ち穂拾い的な作品収録である。「バッグス・バニーとゆかいな仲間たち」が80年代の初めに静岡第一テレビで放映されたときにビデオに録画して、少ない資料を基に原題つきとめ作業をしていた時に、どちらなんだろうと迷ったゴリラやペンギンと共演する作品が2本づつ入っているのが、個人的に感慨深い。

|

« C4戻る | トップページ | 洋書の秋 »

コメント

補足。

 「トムとジェリー」の制作者を、ハンナ&バーベラ、ジーン・ダイッチ、チャック・ジョーンズと正しく紹介している記事も別ページにある。他の作品でも同様のことがあり、正しいものに統一できなかった、というのが不思議で、面白いのである。

投稿: WILE.E | 2009/09/08 07:16

ご無沙汰してます。本屋で見かけましたよ。ファンタジーアニメってディズニーからセーラームーンまで入ってるのがイヤハヤ南友。3枚もDVDついてこの値段は安い、と思ってたら、近所のスーパーピアゴ森町店で、廉価版DVDでアリスやらファンタジアやらダンボやらが1枚298円で売ってました。画質とかはどんなもんなんでしょう?前回買った「ドルーピーDVDBOX」は作品によって妙にピンが甘いものもあったように思ったんですが。

投稿: ultramanhorse | 2009/09/27 16:17

こちらこそ、ご無沙汰です。ディズニーの長編のパブリック・ドメインの安いDVDは買ったことがないので、画質についてはよく分かりません。それなりの画質だろうと思うのですが。

投稿: WILE.E | 2009/09/29 07:16

こんにちは。

2ちゃんねる情報です。
「TEX AVERY名作集」というDVDが新たに出たようです。

http://relaxed-bear.jugem.jp/?eid=791

投稿: esme | 2009/10/05 15:15

esmeさん、こんばんは。

ヴィレッジバンガードでこんなDVDを出しているのですね。10月の宝島社はカートゥーンではなくってちょっと残念でした。

投稿: WILE.E | 2009/10/06 19:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35745/46130775

この記事へのトラックバック一覧です: 別冊宝島「ファンタジー・アニメの世界」がすごい!:

« C4戻る | トップページ | 洋書の秋 »