« 「クォーク 第2版」南部陽一郎(講談社ブルーバックス) | トップページ | C4燃費71 »

2008/12/16

ミシェル・サルドゥー輸入盤CD購入その3

 ついに最後の1枚"La Java de Broadway"が届いた。そしたら、これはやっぱり、フランス製の1977年のLPのCD化(2004年発売)であった。

 このCDに収録されている曲は次の通り。

 1.COMME D'HABITUDE  マイウエイ(原曲)
 2.LA JAVA DE BROADWAY
 3.DIX ANS PLUS TOT
 4.UNE DROLE DE DANSE
 5.SEULEMENT L'AMOUR
 6.MON FILS
 7.DIXIT VIRGILE(AD LIBITUM)
 8.JE SUIS L'HOMME D'UN SEUL AMOUR
 9.C'EST MA VIE
10.QU'EST-CE QU'IL A DIT?
11.MANIE,MANIE

 このCDを選んだのは、1番目の「マイウエイ」の原曲が入っているからである。NHKのFM(「サウンド・オブ・ポップス」という番組だったと思う)で聞いて、これが「マイウエイ」の元なんだあ、と、コムダビテュードという歌詞が頭に残ったのであった。このCD出始めて聞く曲では、4.UNE DROLE DE DANSEが70年代ディスコサウンドに載せて歌っているのと、11.MANIE,MANIEがちょとユーモラスで面白かった。

|

« 「クォーク 第2版」南部陽一郎(講談社ブルーバックス) | トップページ | C4燃費71 »

コメント

はじめまして。
サルドゥーで検索して辿りつきました。
邦題が記されていないところがありましたので、
わかる範囲で記してみました。

Je deviens fou→狂気の世界(気も狂わんばかり)
Interdit aux bebe→赤ん坊あつかい
Les ricians→アメリカの涙
Petit→小さき者
Les bais populaires→舞踏会
Et mourir de plairsir→悲しみの朝
J'habite en France→僕はフランス人(→正確な邦題か自信なし)
Je t'aime,je t'aime→ジュテーム、ジュテーム
Le rire du sergent→軍曹が笑う(→正確な邦題か自信なし)
Le surveillant general→監督官
La java de Broadway→ブロードウェイのジャヴァ
Dix ans plus tot→はやくも10年
En chantant→歌とともに
Je vole→青春の翼
Je ne suis pas mort,je dors→眠れる獅子
Verdun→ヴェルダン
UNE DROLE DE DANSE→ダンスを踊って
SEULEMENT L'AMOUR→愛ひとすじに
MON FILS→息子よ
DIXIT VIRGILE(AD LIBITUM)→天国の詩人
JE SUIS L'HOMME D'UN SEUL AMOUR→愛に生きる男
C'EST MA VIE→私の人生
QU'EST-CE QU'IL A DIT?→彼の言葉
MANIE,MANIE→マニ・マニ

投稿: にこら | 2009/04/17 19:51

にこらさん、はじめまして、こんにちは。

サルドゥーの邦題の確認の情報源は自分の手元には、昔買ったLP2枚しかないし、ネット上でも見つけられなかったので、有り難いです。

投稿: WILE.E | 2009/04/18 07:04

WILE.Eさん、

今後サルドゥーのアルバムを集められるのであれば、ボーナストラックが入っている版のほうが良いです。
自分が10年前に入手したアルバムにはボーナスが一切入っていないので買いなおそうか迷っています。
日本のアマゾンではサルドゥーのアルバムは目下大半が在庫切れです。
「Danton」の入ったアルバムは1点在庫があります。

http://www.amazon.co.jp/Danton-Michel-Sardou/dp/B000244NWA/ref=sr_1_3?ie=UTF8&s=music&qid=1240010959&sr=1-3

1. Danton→市民ダントン
2. La Chanson d'Adieu→別れの歌
3. Bonsoir Clara→ボンソワール・クララ
4. Le Vieux Est de Retour→世の親に捧げるバラード
5. Les Gens du Show Business→ショービジネスの人々
6. J'Ai Chante→僕は歌った
7. Le Fils de Ferdinand→フェルディナンの息子
8. Cinq ans Passes→5年の後
9. Monsieur le President de France→フランス大統領殿
10. Mon Mal de Foie→肝臓が痛い
11. Enfant→アンファン
12. Le Surveillant General→監督官
13. Avec l'Amour→日本盤には入っておらず邦題なし。ボーナストラック

投稿: にこら | 2009/04/18 08:41

=追記=

今まで話題になっていたのは「トレマ」時代のアルバムですが、それ以前は「バークレー」に所属していました。

バークレー時代(1965~1969)の音源がコンプリート収録されているのが以下(在庫あり)です。

http://www.amazon.co.jp/Integrale-Barclay-Michel-Sardou/dp/B000067FIV/ref=sr_1_10?ie=UTF8&s=music&qid=1240010959&sr=1-10

バークレー時代の音源は日本では紹介されなかったようです。「アメリカの涙」以外は邦題は無いものと思われます。

投稿: にこら | 2009/04/18 09:01

さらに追加情報ありがとうございます。「Danton」は、その昔FMで録音して良く聞いていた曲ばかりです。amazonに在庫があるなら直ぐ届くので、注文してしまおうかな。

投稿: WILE.E | 2009/04/19 19:27

上記CD買ってしまいました!

投稿: WILE.E | 2009/04/22 07:35

有益な情報提供が出来て良かったです。

聴いた感想などこちらで紹介して下さいね。

投稿: にこら | 2009/04/22 20:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35745/43434676

この記事へのトラックバック一覧です: ミシェル・サルドゥー輸入盤CD購入その3:

« 「クォーク 第2版」南部陽一郎(講談社ブルーバックス) | トップページ | C4燃費71 »