« カートゥーン・ラグーン in 富士急ハイランド | トップページ | C4燃費66 »

2008/08/28

ラヴェルとシトロエン

 妻が突然、作曲家のモーリス・ラヴェルがアンドレ・シトロエンと親しくしていた、という話を教えてくれた。ラベルの弟子のマニュエル・ロザンタールの「ラヴェル その素顔と音楽論」(伊藤制子訳、春秋社)に2人のエピソードが書かれているのを読んだということだ。で、その本を借りて読んでみた。シトロエンの奥さんに、アンドレのギャンブルを止めるように頼まれた、というエピソードが紹介されている。面白いのは、ラヴェルが車の運転ができるのに、シトロエンの自動車に乗っていなかった、ということだ。

|

« カートゥーン・ラグーン in 富士急ハイランド | トップページ | C4燃費66 »

コメント

フランスの名匠マニュエル・ロザンタール指揮モンテカルロ国立歌劇場管弦楽団演奏の・・ラ・ヴァルスと道化師の朝の歌は名演です。輸入盤で入手できます。

投稿: T井 | 2008/10/03 18:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35745/42303286

この記事へのトラックバック一覧です: ラヴェルとシトロエン:

« カートゥーン・ラグーン in 富士急ハイランド | トップページ | C4燃費66 »