« 熱海のフラガール | トップページ | とばせ正義のゴールまで・・・越部信義は健在なり »

2008/07/30

びっくりするスカラの終わり

 「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」を見に行こうと思って、ジョイランドの上映時間を検索したら、本作品を上映しているはずのスカラ座があるボウルビルに入っている劇場の上映時間がない。グランド劇場というスカラ座より遙かにスクリーンの小さい劇場でしか上映していないらしい。web上のトラブルで表示されていないのかもしれないと思い、ボウルビルまで行ってみた。見事に閉鎖されていた。昭和39年に7月にオープン以来44年間ありがとうございましたという内容の看板が置かれていた。ボウルビルの取り壊しになってしまうのか、と思い、確かここで始めてみた映画は「ピーターパン」ではなかったか、最後に見たのは・・・思い出せない。家に帰って日記を見たがこの2年間スカラ座には行っていないことがわかっただけ。閉鎖が分かっていたら、何か見に行ったのに!

 さて、「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」であるが、「アメリカン・グラフィティ」で始まり、クライマックスは「未知との遭遇」という同窓会的乗りの、楽しい映画であった。そう思った最大の理由は、ラストの結婚式のシーンの参列者の中にジョン・ハートの顔を見つけたからである。クリスタル・スカルの秘密を知るインディの友人オックスリーを演じていたのであった。また、1957年という時代設定にしたのは、ルーカス=スピルバーグの映画への思いが、この絶妙の年になったのだろうと思う。映画の黄金時代、および、映画的な黄金伝説を信じられた世界の終わりの年として。

|

« 熱海のフラガール | トップページ | とばせ正義のゴールまで・・・越部信義は健在なり »

コメント

うちもつい先週見てきました。お決まりのご都合アクション映画だけど、ギャグ満載で楽しかったです。確かに「アメリカン・グラフィティ」に始まり「未知との遭遇」でしたねぇ。味方は誰も最後まで死にません(笑)。敵は死んじゃいます。どこまでがネタでどこからがウソか考えながら見るのも楽しいです(クイズ気分で)。

投稿: くーべ | 2008/07/30 21:21

そういえばネバダで核実験に遭遇するのはどういう意図があるんだろう。ジョン・ウェインなどのハリウッド関係者が実は被爆していたというような話と繋がってくるのだろうか?
それともスピルバーグらしく単に反核反戦をさりげなくおりこんでいるのだろうか。
キノコ雲と白い光。後には黒い雨とくると、まさに広島・長崎で、いままさに今月はその時期でもある。

投稿: くーべ | 2008/08/09 09:46

核実験との遭遇は、50年代にたくさん作られた「核実験が元で・・・」という「ゴジラ」に代表されるSF映画への二人の思いではなかったのかなあと思いました。

投稿: WILE.E | 2008/08/10 09:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35745/42013832

この記事へのトラックバック一覧です: びっくりするスカラの終わり:

« 熱海のフラガール | トップページ | とばせ正義のゴールまで・・・越部信義は健在なり »