« 安デジカメの銭失い | トップページ | THE FABULOUS STORY OF THE DS CAR »

2008/05/15

売電1万kWh

 昨日(14日)家に帰ってきて、太陽光発電の余剰電力を東京電力に売るメーターが1周していた。売った電力量が1万kwhを越えたのであった。一方、買った電力量のメーターは26312kWhである。また、太陽光発電の発電量は19928kWhである。太陽光発電を始めたのは2000年の3月末からだから、8年2ヶ月になろうとしているところである。発電量の約半分を使っていることになるから、この8年間での消費電力量はほぼ36000kWhとなり、1年あたり4500kWh使っていることになる。1か月あたりにすると、375kWhである。3人家族でこの消費量は多いのか少ないのか標準的なのか? 個人的には、もうちょっと消費量は抑えたいとは思う。

|

« 安デジカメの銭失い | トップページ | THE FABULOUS STORY OF THE DS CAR »

コメント

 3人家族ではそんなものでしょう。うちでももう少し使っています。デジタル化するとどうしても待機電力が多くなってしまうので、ベースとなる使用量も増加傾向です。確かにもう少し減らしたいものですね。

投稿: くーべ | 2008/05/16 20:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35745/41212299

この記事へのトラックバック一覧です: 売電1万kWh:

» 太陽光発電の現状 [太陽光発電のエネルギー]
太陽光発電に期待をかけて [続きを読む]

受信: 2008/05/20 12:06

« 安デジカメの銭失い | トップページ | THE FABULOUS STORY OF THE DS CAR »