« 横浜にあっても金沢動物園 | トップページ | 売電1万kWh »

2008/05/13

安デジカメの銭失い

 CaplioR5jを落として、壊してしまった。修理代は買った値段よりも5000円以上高くなるということで、修理せずに、1000円の下取りカメラとして、娘が気に入ったニコンCOOLPIX S52を買った。カメラ任せで撮るなら、R5jよりもS52の方がずっと使いやすい。

 R5jを半年で壊してしまったことで思い出されるのは、最初に買ったデジカメであるFinePix2500Z(だったと思う)のこと。このカメラも、R5jと同じく19800円の安売りで買い、やはり、半年で川に落としてしまい、おシャカにしてしまったのだ。その後、発売直後のFinePix E510を4万円ちょっとで買い、ずっと使っている。やっぱり、ある程度、お金を払ったものでないと扱いがいい加減になってしまい、このような結果になるのだろう。

 ということで、S52とE510の比べ撮りをしてみた。オートで撮影したが、S52の方がアンダー気味に写っている。C4のボディカラーの再現に特に違いがあり、S52の方が自然で、R5jの色に近い。
Dscf4271FinePix E510


Dscn0084
COOLPIX S52

|

« 横浜にあっても金沢動物園 | トップページ | 売電1万kWh »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35745/41189939

この記事へのトラックバック一覧です: 安デジカメの銭失い:

« 横浜にあっても金沢動物園 | トップページ | 売電1万kWh »