« 煩悩老いる | トップページ | C4燃費48 »

2007/10/04

煩悩悔いる

 今回もたくさん写真を撮ってしまった(写真に興味を持った娘と合わせてだが)。しかもフィルム・カメラの方で無駄なものを撮ってしまったなあ、と後で後悔するものが多数。雨が降っていて条件が悪かったこともあって、フル・マニュアルのFM10(プラナー50mm)ではピンボケ多発。同じカメラを使ってきちんとピント合わせができる娘から叱責される始末。デジカメは、R5Jのみにしようかなと一度は思ったが、ファインピックスE510との違いをもう少し追求したくて、2台とも持っていった。もちろんコンタックスT2も使用。プリントされた写真を見て、曇天で開放露出になるような状況でのツアイス・レンズの味を再確認。これは自分の持っているお買い得デジカメではとても出ない味である。Bokefh000024T2で撮ったボケ封じ観音。前回の記事のはR5Jで撮ったもの。

 ブレ防止機能がついているR5Jだが、室内で人間を撮るときには結構働いてくれるようなのだが、今回の雨の竜安寺の石庭のように細かい砂利石が連なるような風景ではぶれていること自体が判断出来ないようだ。広角側で撮っているのに微妙にぶれているのがわかるのである。このくらいのぶれはぶれ防止でなんとかなりそうに思えて何度かシャッターを切ったのだが、ぶれは消えなかったのだ。

 R5Jについて更に使用感を述べれば、カメラ任せにするよりはホワイトバランスや感度などをADJボタンで設定して撮る方が望みの絵が撮れるということだ。E510(オリンパスの1眼ではないぞ)はフルオートでまあまあ満足な絵が撮れるのと対照的だ。この辺がマニア受けするリコーのカメラということか。

 今回も鬼瓦を意識して撮った。今回の収穫は、千本釈迦堂のおかめ鬼瓦である。おかめの千本釈迦堂、でございます。仁和寺の人が立っているものも面白かった。
Okamekawarafh010001
Okamekawarafh010005
Ninnajihitokawarafh030007


 最後に、自分なりに上手く撮れたという物を1枚。イノダコーヒ本店の壁に掛かったバスター・キートン。
Inodafh010023


|

« 煩悩老いる | トップページ | C4燃費48 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35745/16655677

この記事へのトラックバック一覧です: 煩悩悔いる:

« 煩悩老いる | トップページ | C4燃費48 »