« C4燃費36 | トップページ | C4燃費37 »

2007/02/28

オールディス「ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド」読了

 レムの「大失敗」についてネットで検索しているときに、ブライアン・W・オールディスの新作が河出文庫から出ていることを知った。実のところ、一番好きな作家と聞かれれば、このオールディスなのである。で、早速入手し読んだ。腰のところで癒着している双子(いわゆるシャム双生児)のトムとバリー(なんか「トムとジェリー」のもじりのようだ。喧嘩ばっかりしているし)の物語で、オールディスらしい遊び心があり、面白かった。

 何を突然、オールディス作品が出るのかと思ったら、キース・フルトン&ルイス・ペペにより映画化されて、この1月から日本公開されているのに合わせて出版されたということだ。「A.I.」と同じパターンである。映画化作品以外、「マラキア・タペストリ」以降の新作が翻訳されていない状態がオールディスについては続いていて、実に残念だ。サンリオ文庫で出版予定があった「80分時間」やヘリコニア3部作を、早く出して欲しいと思う。

|

« C4燃費36 | トップページ | C4燃費37 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35745/14074869

この記事へのトラックバック一覧です: オールディス「ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド」読了:

« C4燃費36 | トップページ | C4燃費37 »