« ミッシェル・サルドゥー | トップページ | ユニクロのシトロエンTシャツ »

2005/06/12

伊豆アンディランド・・・さよならトゥアラー・ドライブその1

andyDSCF0797
 丸10年乗った我がローバー416トゥアラーとのお別れも近づいてきて、お別れドライブに出かけようということになった。この10年間でトゥアラーで走ったことにない道を走ってみようということで、第1回目は(ということにしたが、2、3回と続くかどうかは不明)、妻の希望もあって、東伊豆・河津にある亀の楽園(?)、伊豆アンディランドまで行くことにした。かなり、さびれてきているという噂を聞いたので、本当に存在し続けているか不安だったが、インターネットで検索するとちゃんとホームページが存在していた。東伊豆方面は、伊豆高原まではよく来ていたが、それより南には、この10年間というより、妻と結婚する以前からしばらく行っていなかった。伊豆高原以南の道を走るのも20年ぶりといってよい。

 135号線を南下し、東伊豆町の温泉場を順次通過していく。熱川、稲取ときて、河津町に入るが、まったくアンディランドの看板を見かけない。妻子ともに、アンディランドがなくなっているのじゃないかと言い出す。特に、伊豆高原のドッグフォレストに行きたかった娘は、引き返してそこに行こうと言い出す。お昼近くになってきたこともあり、とりあえず、妻子の気をそらすため、ちょうど標識の出ていたバガテル公園に向かう。この公園は、135号線から天城峠に向かう道沿いから少し山を登ったところにあった。入り口で料金を見て、さらに、入り口から中の方を覗き、料金の割に娘の喜びそうな公園ではなかったため、入るのをやめる。娘は、ドッグフォレストに行こうと主張したが、もう少しだけ、アンディランドを探してみたいと説得し、135号線に戻り、さらに、下田方向に向かう。しばらく走ると、亀の絵の看板が見えた。ついに案内板発見と思ったら、実は、そこが、目的のアンディランドであった。確かに寂れている。

 「亀族館」と表示された施設に入っていくと、記念撮影用の場所がある。そこに亀と鶴の木製の模型が置かれているが、なんと鶴のくちばしは折れたまま、曲がっていて、修理すらされていない。これが実に妻に受け、この鶴を中心にして記念撮影をした。順路に従って進んでいくと、なんと、亀の水槽の前に賽銭箱がある。なんとかという、どこかの国で神様のように思われている亀だそうだ(年を取ったせいか、こういうことを覚えていられなくなった)。これも、妻に受けた。いろいろな亀がいるのだが、蛇に近い顔つきの亀がいて、亀は確かに蛇と近縁なのだな、と納得する。最後の水槽に、ガメラのモデルになった亀がいた。説明板の代わりに「大怪獣ガメラ」のポスターが貼ってあった。まっとうな説明文ではなく、ガメラのポスターがあるだけ、というのが実に面白い。でも、このポスター、オリジナルではなく、復刻版みたいである。

 亀族館の外には、ゾウガメのいる場所がある。水族館から一転して動物園のような雰囲気になっている。ゾウガメの甲羅の後ろに部分に、黄色いペンキで亀の名前が書かれているのが、ちょっと悲しい。このアンディランドの敷地から、遊歩道を8分歩くと海岸に出られるという表示があったので、そこに行って、用意してきたお弁当を食べることにする。
この海岸が、プライベートビーチ感覚で、一番良い場所であった。写真はその海岸の様子である。ちょうど午前中が干潮で、潮が満ちていく状態で、久しぶりに潮溜まりを観察した。数年前に行ったことがある、小笠原の父島にいるような気分になった。私と妻はこの海岸に来れて、十分満足であった。

 その後、娘のリクエストに応えて、ドッグフォレストに寄ったが、ここは犬連れで来る人のための施設であった。犬連れでない場合は、レンタル犬のお散歩ができるが、他の同種の施設、例えば、富士ドギーパークに比べて、散歩場所が狭く、制限時間をもてあましてしまう。我が娘も、2度と来る気はないと、はっきり言った。伊豆高原には、ちょっとした美術館や博物館があるが、これらのものの中のいくつかは、今回のドッグフォレストと同様に入場料に見合う内容がないものがあり、再度行く気にはならない。伊豆地区の観光客の減少が地元で大問題になっているが、リピーターを呼べない施設が宿泊施設を含めかなりあるという現状を本気で変えていかないと、伊豆ナンバーを作ってもらったとしても、観光客の減少に歯止めはかからないと思うのだ。

|

« ミッシェル・サルドゥー | トップページ | ユニクロのシトロエンTシャツ »

コメント

どうもご無沙汰しております。ついに買い換えを決意されたのですね!WILE.E さんが落ち着いたら、購入記念のオフ会でも開催したいですね。
伊豆方面の廃れようは、県民としては複雑な思いがあります。昔の高級旅館が安く泊まれるのは良いのですが・・・

投稿: わいりーコヨーテ | 2005/06/16 21:28

わいりーさん、こちらこそご無沙汰です。C4は、完全に確定したわけではないんですが、25日(土)に納車の予定です。オフ会を企画してただけるのはありがたいです。自分の都合では、8月の終わりの方の日曜日がいいんですがね。

投稿: WILE.E | 2005/06/17 17:36

来週に納車とは、なかなか早いですよね。僕の場合は、SVXも、今のサイファも、納期が一ヶ月以上かかっています。ニッチなクルマを選んだせい?

オフ会ですが、八月の終わり辺りに企画したいと思います。せっかくですし、SVX仲間にも声を掛けますので、WILE.Eさんも、よろしければ、クルマ仲間に声を掛けてみてください。ここのブログの常連さんも是非!

投稿: わいりーコヨーテ | 2005/06/19 19:47

うっかりして都合の良い日を8月の終わりと書いてしまったのですが、一番都合の良いのは、20、21日の土・日の方です。その次が、27日の土曜で、28日は実は、仕事がありました(入れ替えは可能ではありますが)。

今年の輸入車としては、話題になっていたC4ですが、一般には知られていない車で、1.6Lの実際の発売日前に契約してしまったので、予め日本に持ってきてあった車をディーラーが押さえられたのでしょう。あるいは、買いそうな客に対する事前の見込みで押さえいたのかもしれません。とにかく、今週末が楽しみです。

投稿: WILE.E | 2005/06/20 17:20

初めまして。
C4をつたって、たどり着いた者です。
C4買ったんですか~ しかも、サルーン。
いいですねぇぇぇぇ。
実は私、9割方買う予定だったんですが、ひょんなコトから、C5のブレークを中古で買ったんです。
12年超のシトロZXが完全に壊れたので。
C5のことは、とても気に入っているのですが、やっぱり買うつもりだったC4のことは忘れられないわけで。
乗り心地等等、アップしてくださるとうれしいです。

では、通りすがりの者でした。

投稿: C5Break乗り | 2005/06/22 20:57

こちらこそ、初めまして、よろしくお願いします。C5にも試乗させてもらったことがあるのですが、ハイドロの乗り心地は他に替えられない魅力を感じました。でも、私にはちょっとサイズが大きすぎるのと新車で買うと高すぎるので、候補からはずしました。特に何事もなければ、明日納車ですので、乗り始めてすぐのインプレッションは日曜日には報告できると思います。

投稿: WILE.E | 2005/06/24 17:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35745/4525078

この記事へのトラックバック一覧です: 伊豆アンディランド・・・さよならトゥアラー・ドライブその1:

« ミッシェル・サルドゥー | トップページ | ユニクロのシトロエンTシャツ »