« エアウェイブ試乗 | トップページ | ティーダ1.5Mプレミアムインテリア、スマート・フォーフォー1.5試乗 »

2005/04/18

メガーヌ・ツーリングワゴン・グラスルーフ

 ルノー沼津の営業担当氏からメガーヌ・ツーリングワゴン・グラスルーフの試乗車が用意できたので見に来てくださいという案内があったので、見に行ってきた。試乗までするつもりはなかったが、短時間だが試乗させてもらった。この営業担当氏とのつきあいも、そろそろ1年になり、試乗については毎回便宜を図ってもらっているので、ルノーを買わねばちょっと悪いような気になってきた。ごめんなさい、シトロエンにしました・・・って、もし、そうなったらうまく言えるだろうか?

 前後2分割されたグラスルーフは、前側の運転席屋根部分が、後部グラスルーフの上にスライドするようになっていて、開けることができる。サンルーフは開けられるのが良い。家に1台の車をオープンカーにしてしまうのは、やっぱり、できないので、せめて、天井が開いて、オープンエアを感じたいと思うのだ。開かないガラス屋根なら、普通の屋根でいい。このグラスルーフの開閉スイッチは、ルームミラーの付いている少し上にあるダイヤル式のボタンである。右に回していくと、クリックする位置があって、3(4だったかな?)段階に開き方が変わるようになっている。サンシェードはフック式で引っかけるようになっている。はずすときには少し上前に押す感じではずれる。このグラスルーフは、2.0Lのエンジンでしか選べない(ハッチバックも同じ)。それがちょっと残念だし、価格も15万円ほど高くなってしまう。ちなみに、エアウェイブのスカイルーフは10万円高。

 2.0Lでちょっと気になるのは、やっぱり乗り心地。かなり、路面の細かい凹凸を拾う。試乗した道が違うので、言い切ることはできないが、昨日乗ったエアウェイブの方が、この点に関しては良いように感じる。両方とも55%扁平のタイヤなので、タイヤの問題ではないだろう。ということで、メガーヌを選ぶなら、乗り心地優先で1.6Lである。価格も安くなるし。営業担当氏は、勉強しますからと、2.0Lを勧めるけれどもね。

|

« エアウェイブ試乗 | トップページ | ティーダ1.5Mプレミアムインテリア、スマート・フォーフォー1.5試乗 »

コメント

乗り心地を考えると、フランス車は65がいいとかいっているサイトがありました。
ま、タイヤを交換する場合にも65の方が低コストだし、タイヤらしい動きもするしで、個人的にも55が標準でつくクルマは遠慮したいなと思います。
もちろん今時のクルマは55でもうまく履きこなせているようですが、それでも82・70・65と乗ってきた身にとっては60と70の中間がいい按配だと感じるのです。
後は最大重量を過不足無くささえてくれるタイヤであればよい。

輸入車がディーラーのお兄さん(おぢさん)の対応も大事でしょうから、選択も難しいですよね。3年程度で買い換えるのならば、次はそっちねといえるけど。

投稿: くーべ | 2005/04/18 20:37

今乗っているトァアラーは、185/55という国産車ではほとんど使われていないサイズだったんで、最初にタイヤを取り替えたときにはものすごく高くて、品数もなく、閉口しました。長く乗れば必ず何度か替えることになるものですから、手に入れやすくて価格もこなれている65がいい、とつくづく感じます。

投稿: WILE.E | 2005/04/22 13:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35745/3748515

この記事へのトラックバック一覧です: メガーヌ・ツーリングワゴン・グラスルーフ:

« エアウェイブ試乗 | トップページ | ティーダ1.5Mプレミアムインテリア、スマート・フォーフォー1.5試乗 »