« 期待はずれのティーダ | トップページ | 私の車暦その3「シャトルからシャトルへ」 »

2004/11/08

メガーヌ・ツーリングワゴン1.6L試乗

 ディーラーから連絡があり、メガーヌ・ツーリングワゴン1.6Lの試乗ができた。2.0Lのときと同じように40分くらい、普段良く走っている道を走った。このところ、サスペンションが固めのホイールベースの短い代車(フィットがあまりにタバコ臭くて家族からクレームが付いたので、再度代えてもらってトヨタのイストになっている)に乗っていることもあって、実に乗心地がよく感じられた。2.0Lの時よりも少し長く国道1号線を走ったが、このときの乗心地は実に快適だった。ある程度の速度を保って走り続けるときのフランス車の乗心地は何ものにも代えがたい、というような話を聞いたことがあったが、実にその通りだと感じた。
 
 2.0Lを乗ったときの事を思い出して比べてみると、乗心地は1.6Lの方が良いと思う。さすがに発進加速は1.6Lの方がにぶいんだけれど、トゥアラーと同程度かむしろ良いくらいで、特に問題ない。それ以外のシーンでは、走りに不満を感じることはなく、よく言われるフランス車のオートマのシフトスケジュールの問題は、沼津近辺で走る分には、気になることはなかった。電動パワステが、低速時にあれっと思うときが少しあるくらいである。不思議だったのはブレーキの効き方で、ワゴン2.0Lの時も、ハッチバック1.6Lの時も、ちょっとペダルを踏むだけでいきなりガクンとなってしまうので、試乗中に慣れることができなかったのだが、今回は、そういうことはなかった。これはもう、1.6Lで決まりだなと強く感じたのであった。


 この試乗の後、スマート・フォーフォーとコルト・プラスを見に三菱カープラザ店にも行った。無料点検を受けに来たユーザー以外誰もいない店に入ると、がらんとしていて見たい車がない。出てきたセールスマン氏曰く、今日は生憎別の場所で展示会をやっていて、そちらに車が行っています、ご覧になりたければ、そちらの方へお出かけ下さい・・・。指示された場所はちょうど良いことに、この後出かけていく予定の場所への途上にあったので、そちらに寄った。会場は卸売り団地の一角で、商店街の秋祭りのようなイベントの一環として、三菱だけでなく、ホンダ、スズキ、トヨタ、オペルなどの販売店も車を展示していた。試乗はできなかったが、新型のアストラに座ってみることができたのも良かった。

 マイナーチェンジして質感がさらにアップしたフィットもあったので、コルト・プラスがボディを延長して、やっとフィットに対抗できているというのが、実に良くわかった。シートはなかなか大きさもあり、座り心地も悪くなかった。日産の宣伝だと、あたかもティーダがコンパクトカーで初めて上級車並みの大きさのシートを付けたかのように思えてしまうが、実際には、日産が一番最後にそうしたのである。今、代車で乗っているイストも、大きさも十分あり、座り心地も良く、質感も安っぽさはないシートの作りになっている。

 で、結局、各社合わせて20台近くあった中で、これは絶対に試乗してみたいと思ったのは、やっぱり、スマート・フォーフォー。大人4人乗ると荷室が無くなってしまうけれど、ホンダ・ビートのようなメーターや内装のちょっとしたデザインが、普通の車、特に国産車にはない、粋な雰囲気があって、実に魅力的だった。後席に人を乗せると、荷室がほとんど無くなってしまうので、我が家の車としては失格してしまうが、2台車が持てる身分であるなら、所有したいなあと思う。

|

« 期待はずれのティーダ | トップページ | 私の車暦その3「シャトルからシャトルへ」 »

コメント

ルノーもプジョーも同じATを使っていますが、制御プログラムが違うので違った感触があるようです。カングーに乗ったときにもシフトショックは感じなかったので、ルノーのほうが違和感が少ないのではないかと思います。プジョーのはかなり雑で20年くらい前のATの変速ショックがたまにあります。これをなだめながらクルマと対話するようにスロットルペダルを踏むのもクルマをドライブする楽しみといえば楽しみなんですけどね。

日本のクルマによくあるような手抜きさえしていなければ、小さい排気量の方が全体的なマージンも多く、フロントも軽いので扱いやすいと思います。ゆったりとした気分で乗るぶんにはなんら非力ではありませんし、100馬力程度もあれば高速走行はそれなりにできます。
ルノーの赤も割合にきれいだと思いますよ。
しかしちゃんと1.6の試乗車を用意できるあたりクルマと客を扱いなれた信用できそうなディーラーですね。大阪ではどう頑張っても1.6ワゴンの試乗車はでないだろうなぁ。

投稿: くーべ | 2004/11/08 20:50

 ワゴンもハッチバックも1.6と2.0の両方を用意できるのは、静岡にも店を持っていて、2店である期間をおいて交換し合っているためのようです。1日でも2日でも、納得するまで試乗してもいいですよと、言われて、なかなか凄いディーラーだなと思います。ルノーは短時間の試乗よりも長い時間の方が良さが分かるということで、そうしているのでしょうが、ローバーを取り扱っていた某ディーラー(静岡県内最大手の輸入車ディーラー)よりも、ずっと印象はよいです。

投稿: WILE.E | 2004/11/11 12:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35745/1897036

この記事へのトラックバック一覧です: メガーヌ・ツーリングワゴン1.6L試乗:

« 期待はずれのティーダ | トップページ | 私の車暦その3「シャトルからシャトルへ」 »